梨状筋症候群の原因本文へスキップ

梨状筋症候群の原因

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.06-6395-3366

〒532-0004 大阪府大阪市淀川区西宮原1-6-36

梨状筋症候群の原因cause

 梨状筋症候群が引き起こされる原因としては、不良姿勢、筋肉の硬結、過度な運動、長時間の座位保持、間違った筋力トレーニング等があげられています。

 不良姿勢

不良姿勢 不良姿勢、特に猫背は梨状筋症候群を引き起こすきっかけとなります。猫背になると、重心の位置がかかとに移ります。さらに、上半身が前に移動するために背中やお尻の筋肉は、それをとめるために継続的に力を入ることになり筋肉が過緊張状態になります。また、不良姿勢は骨盤の前傾と腰椎の過剰前彎をつくりやすく、その結果、腸腰筋に負担をかけてしまいます。これも、梨状筋症候群を引き起こしやすい要因となります。

 筋肉の硬結

 筋肉の硬結とは、一般的にいう『筋肉が硬くなった状態』をいいます。この状態は、筋肉の疲労や冷え、使い方の問題などで起こる事が多くあります。
 特に多いのが、筋肉の疲労です。梨状筋は、足(股関節)を外にひねる(がに股)筋肉の外旋筋に所属します。足を外にひねるのは、重心の位置を安定させるために必要で、内転筋が弱い方はバランスを維持するために梨状筋は過度に働きます。これが、梨状筋の硬さをつくってしまうのです。
 使い方の問題としては内股です。内股での歩行は、梨状筋に強いストレスをかけ続けることになります。その結果、梨状筋が反射性収縮を引き起こしてしまいます。
 これらが、筋肉の問題によって梨状筋症候群が発生する要因です。

 デスクワーク

デスクワーク デスクワークを行っている時には常に臀部(おしり)に体重がかかった状態になります。この状態が長時間続くと、お尻の筋肉への血液循環が悪くなってしまいます。その結果、梨状筋の筋肉内の栄養状態が悪くなってしまい筋力低下が起こってしまいます。 

 筋力トレーニング

 定期的に運動を行う事は良い事です。ですが、筋トレばかりを行ってしまうと筋肉は硬くなってしまいます。特に、ベンチプレスやダンベル等のウエイトトレーニングは筋肉の断面の増大(太くなる)につながります。断面が増加した筋肉は、神経を圧迫してしまう危険があります。

 慢性腰痛からの移行

 慢性的に腰痛がある場合には、その腰痛を無意識に緩和するために、かばったような運動(代償運動)が起こります。そして、代償運動を継続的に行う事によって一時的に腰痛が治ったかのような状態になります。ですが、代償運動を継続的に行う事によって、他の場所に負担がかかるようになります。その代表的な部位が、仙腸関節(骨盤の関節)と梨状筋です。

 その他

 ランニングによって梨状筋症候群が発生する事があります。これは、連続的に梨状筋を使いすぎる事が原因です。特に、中級ランナー以上で発生するのが特徴です。

information

ロゴ 大阪府大阪市淀川区の東洋医学治療センターです。最寄駅は、新大阪駅で徒歩8分です。当院は、厚生労働省認可の治療院で国家資格所有者による梨状筋症候群の治療を行っております。
 また、当院はアメリカ合衆国からGOLD AWARD国連機関のWHFからの顕彰を受賞した唯一の治療院です。

あなたの症状に応じて、整体療法や鍼灸治療、磁気刺激療法、最先端光線療法などを行っております。もし不安や、心配なことがあれば遠慮なくお伝えください。

【梨状筋症候群の治療に御来院いただいている地域】
大阪府大阪市(淀川区・西淀川区・中央区・北区・東淀川区・港区・福島区・都島区・住吉区・大正区)
大阪府吹田市・大阪府豊中市・大阪府茨木市・大阪府池田市・大阪府高槻市・大阪府東大阪市・大阪府富田林市・大阪府泉佐野市・大阪府箕面市・大阪府羽曳野市・大阪府堺市
兵庫県尼崎市・西宮市・宝塚市・伊丹市・芦屋市・神戸市
奈良県・京都府・岐阜県・和歌山県・岡山県・愛知県・滋賀県・徳島県

LINE〒532-0004

大阪府大阪市淀川区西宮原1-6-36
06-6395-3366
日曜日も梨状筋症候群の治療を行っております。


piriformis muscle syndrome梨状筋症候群

532-0004
大阪府大阪市淀川区西宮原1-6-36

TEL 06-6395-3366
mail info@nomuraseikotuin.com
日曜診療も梨状筋症候群の治療を行っております。

LINE

ロゴ

手技療法によって自然治癒力を最大限引きだし、根本からの改善をサポートする事をイメージしてます。